ホコリに強い車|ガラス系コーティングをするメリット

車

いつまでもきれいに

女の人

自動車の状態をキープするためには、車体にワックスあるいはコーティング剤を塗布する必要があります。自動車は高速で走るため、風に乗って飛んでいる目に見えないほど小さな砂ぼこりでも細かな傷ができてしまいます、また、雨水が車体についたままだと水垢になってしまい、自動車の見た目も悪くなってしまいます。しかし、ワックスやコーティング剤を塗布することでこれらのことから車体を守ることができます。
ワックスとコーティング剤は、どちらも車を守るためのものですが、その特徴はどちらもだいぶ違います。ワックスは、お値段がリーズナブルなことと、手軽に行えるのが特徴です。安価で購入でき、塗布が比較的簡単なワックスは初心者でも自分で自動車の保護が行えます。しかし、若干雨に弱いため、強い雨だとワックスが流されてしまう可能性もあります。コーティング剤は、ワックスに比べてコストが少し高いですが、ワックスの欠点だった雨に弱いという問題をクリアしています。また、コーティング剤の品質にもよりますが一年以上効果が持続することが多いため、手間を考えるとワックス以上にメリットが多いといえます。
自動車のコーティング作業は、自分で行うよりも業者に依頼をしたほうが仕上がりがきれいになります。自分でもコーティング作業は行えますが、ワックスと違いコーティング剤の塗布は仕上がりが難しく、初めて行った場合は仕上がりにむらができる可能性もあるので自動車の見た目が悪くなってしまうため、プロに任せたほうが見た目が良くなります。